いぼは早めに切除するのが大事|発生する原因をチェックしよう

レディ

いぼの種類をチェック

注射

いぼには色々な種類があります。いぼはどれも同じものだと思われがちですが、実は発生する原因や出来る箇所によって種類があるのです。美容皮膚科にて切除するにあたって種類を確認していくことが大事です。適切な方法で切除していきましょう。代表的ないぼと言われるものに尋常性疣贅があります。肘や膝、指などに発生するのが特徴です。刺激やダメージが多いとされる場所に出来やすいです。尋常性疣贅の場合は硬く盛り上がっていて、丸い形をしているのがほとんどになります。はじめは小さい透明なものがポツンと皮膚に出来ていることが多く、放置していると肥大化していぼの形に成長していきます。完全に治していくには美容皮膚科で切除を行なった方が良いでしょう。次に老人性疣贅があります。いわゆる加齢いぼとの名称で知られており、年齢を重ねるごとによって発生するいぼになります。皮膚の老化現象が原因で発生しており、足の裏や手のひら以外の場所だと色んなところに出来てしまうので非常に厄介な存在と言えるでしょう。最初の段階は2ミリ程度の小さいものになっていますが、尋常性疣贅と同じく時間が経つにつれて大きくなっていきます。見た目がバラバラで人によって違いがあるのが特徴です。黒色から濃い肌色で平らなものや盛り上がっているものなどがあります。老人性疣贅では皮膚が老化することによって発生するので、中には悪性タイプが発生する恐れもあります。もし、変ないぼが出来始めたらすぐに医療機関に相談することをおすすめします。

ウイルスによって発生するいぼのことを伝染性軟属腫と呼んでいます。小さくて1ミリ、大きいもので3ミリのいぼが肘や膝、胸などに発生してしまいます。1つだけではなくて、必ず複数のいぼが発生するのが特徴でしょう。なお、伝染性軟属腫ではいぼがはじけるとウイルスが飛び散ってしまう性質も持っています。そのため、プールから感染することが多く実際に発症している年齢層も子供が圧倒的に多いです。免疫がつくことによって自然と治ることがありますが、効率的に治していくには美容皮膚科にて除去する必要があります。加えて、ウイルスが飛び散りやすいこともあるため適切な方法で切除した方が良いでしょう。